Untitled
人々は理解したいんじゃないの。理解した気になりたいの。だからわかりやすくしてほしいの。ほしいものをくれる人のことを「あたまいい」とか言うの
Twitter / マ儿コ (via aurorae) (via scalable) (via gkojay) (via petapeta)
一見SFのようですが、サイエンスもスペキュレイティブもありません。かといってファンタジーに徹してる風でもありません。PCが所属する組織の活動が分からない、目的が分からない、体系さえ分からない。生活も見えてこない、社会構造も分からない、政治や経済の動向も分からない、歴史も語られない。およそ社会というものが感じられないからっぽの世界で、惑星に降り立って原始人のように本能のままに狩猟をするゲームです。
kawaii-sexy-love:

Tsukasa Aoi 葵つかさ
1. 必ずできると信じろ

「思いついたことは出来る。思いつかないものは出来ない。これは避けがたく、明白なことだ。」

2. 限界を超えろ

「私はいつも自分の出来ないことをする。どうやればいいのかわかるからだ。」

3. 「その時」を待つな

「インスピレーションは常に存在する。見つけに行くんだ。」

4. 動け

「明日に引き伸ばせば、それは死んでしまう。」
「行動がすべての成功の鍵だ。」

5. 正しく問え

「他の人間はなぜそうなったかを問う。私はいつも何ができるのか、なぜできないのかを問う。」

6. ジャッジせず、隠された美を見ろ

「我々は脳をブン投げて、ただ目だけで見ることができればいいのだが。」

7. 遅すぎるなんてことはない。

「若さと年齢は無関係。」
ピカソから7つの助言 | DDN JAPAN - DIGITAL DJ Network (via aji) (via sndmkt) (via discoballflash) (via taisukeorg) (via tknv2700) (via uessai-text) (via handa) (via hsmt) (via ssbt) (via urza358) (via konishiroku) (via reservoir) (via laurierplus) (via roamingsheep) (via wired-lynx)
2010-04-14 (via gkojay) (via c610) (via itutune) (via appbank) (via hagakure08) (via bittanmomen) (via daccot) (via handa) (via an-k) (via namiory) (via plasticdreams) (via radioya) (via shinjihi) (via deadryder) (via alio2) (via sunsyun) (via suzukichiyo) (via kadd9th) (via usaginobike) (via yokokick) (via motomocomo)
天才の秘密は子供の時の精神を大人になっても持ち続けられるということだ。つまり、それは自分の情熱を失わないということである。
Twitter / 名言bot (via mochivation) (via theemitter) (via yaruo)
2010-05-06 (via gkojay) (via usaginobike) (via tk78) (via ukar) (via motomocomo)
「働きたくない。自由でいたい。」という理由で、アートを選択する人がいるが、アートで自由を獲得するには、メチャクチャ働かないと、いかんのだよ。
数学者のザッカリー・ハリスのもとに奇妙なメールが届いたのは昨年12月のことだった。グーグルの採用担当者を名乗る送り手からのメールは、ハリスにグーグルでサイト信頼性エンジニア(site-reliability engineer)として働くつもりがないかを訊ねるものだった。

「あなたはLinuxやプログラミングへの情熱を持っているようですね。グーグルでの仕事に就いてみようという気はありませんか?」とこのEメールには書かれていた。

ハリス氏は好奇心をそそられたが、このメールが本当にグーグルから来たものかどうかを疑わしく思った。突然舞い込んだメールだったし、グーグルが提示したポジションをこなす人材として、数学者の彼が理想的だとも思えなかったからだ。

そこで、ハリス氏はこのメールがグーグルの担当者になりすました詐欺師によるものではないかと疑いをかけた。だが、メールのヘッダー情報を調べてみても、やはりこれはグーグルの誰かが送ってきたメールとしか思えなかった。

そうしているうちに、ハリス氏はある奇妙な点に気づいた。それは、メールの送信元がグーグルの企業ドメイン内に置かれたマシンであることを証明するための暗号キーが、同社にしてはお粗末なものだということだった。この暗号キーを破ってしまえば、創業者のサーゲイ・ブリンやラリー・ペイジも含め、グーグル社内の誰にでもなりすますことが可能だった。

グーグルが送信ドメイン認証に使っていたのは「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」と呼ばれる電子署名技術。この仕組みでは通常、セキュリティ上の理由から1,024ビット以上の長さの暗号キーを使うことが推奨されている。しかし、グーグルが利用していたのは512ビットの暗号キーで、クラウドコンピューティングの能力を少し利用すれば、容易に破ることができるものだった。

「グーグルのセキュリティがそんなに甘いはずがない」と考えたハリス氏は、このメールが採用候補者を試すある種のテスト──その脆弱性に志望者が気づくかを試す、意地悪な採用テストの一環ではないかと結論づけた。「採用担当者がやったのかもしれないし、採用担当者が気づかないうちにグーグルの技術チームが仕掛けたかもしれない」。そんなふうに彼は考えていた。

ハリス氏はグーグルのポジションに興味はなかったが、好奇心に負けて暗号キーを破り、サーゲイ・ブリンになりすまして、ラリー・ペイジに自分のウェブサイトのリンクを貼りつけたEメールを送った。以下がそのEメールの文面。

やあ、ラリー

ここにまだ未成熟だけど面白いアイディアがあるよ。

http://www.everythingwiki.net/index.php/What_Zach_wants_regarding_wiki_technology

もしくはこんなのはどうかな。

http://everythingwiki.sytes.net/index.php/What_Zach_wants_regarding_wiki_technology.

グーグルでこの人と関われるかどうか考えてみるべきじゃないかな。どう思う?

サーゲイより


ハリス氏は、ブリンとペイジが暗号鍵を破った方法を聞けるように、返信メールがちゃんと自分のメールアドレスに届くようにしていた。ただ、二人からの返信はなかった。そして二日後、グーグルの暗号キーは突然2,048ビットになり、彼のウェブサイトには同社のIPアドレスから大量のアクセスがあった。

そしてハリス氏は、自分が見つけた脆弱性は採用テストの一環などではなく、本物だと気づいたのだった。

hkj:

【ボケ】ウエイトレスに「こちらの鉄板は熱くなっているのでお気をつけください」と言われた出川の目が輝きだした。 : ボケて(bokete)

子供のころ、両親は「いずれ誰か連れてきた時は…」とか
嬉しそうに話してたな・・・・。
そのころは子供心に、「いつの日か自分もケコンするんだろうな」と思っていた。

しかし厨房の時以来、女からは「キモイ」「顔こっちに向けないで」
と嫌がられ避けらればい菌扱いされたことしかなかった。
それでも社会人になってから自分なりに努力してみたよ。

服装や髪型や、よくいわれる清潔感とか・・・・。
だが一生懸命努力しても、それが実ることはとうとう無かった。
まともに会話が続いたことすらほとんどない。

仕方ないよな・・・・軍ヲタ鉄ヲタで他に何を話せばいいのか
思いつくことができないのだから。
もうすぐ40代になる。

両親が、「結婚したときに相手に渡すんだ」と嬉しそうに
作っていた俺のアルバム。小さい頃の声が入ったテープ。
父さん母さん、ごめんよ。
全部に無駄にさせてしまって…。

就職できない学生は3分面接すれば充分に分かります。
特徴を挙げると、大人しい、 社会人として考え方が子どもっぽい、
読書経験がなく柔軟な思考力が欠如している、スポーツ経験 ゼロ、恋愛経験ゼロ、声が小さい
このような要素が必ずあるものです。

もちろん基礎学力は必要ですが、スポーツ経験と恋愛経験というものは意外に
仕事の出来不出来にかかわってくることが多いようです。会社組織において
仕事のできる人は異性にもてています。告白、口説きなどの一連の恋愛のプロセスは、
社会に出てから商談事などで要求される交渉力と似通っており、
大学卒業時点でもろくに恋愛経験がない学生は使えないと言っても差し支えないでしょう。